MENU

Blog

ブログ

【うざい広告】今自分の中でtik tokが熱すぎて・・・夏【かわいいは正義】

事業関連

2018年10月31日

こんにちは!株式会社エレメント卓球事業部の郷です!

 

今自分の中で動画の市場がyoutubeもしかり一番熱い市場だと思っております。
その中でも特に注目なのがTik tok!このアプリは今もっともHOTなアプリだと思っています!

 

今回はこのTik tokについて熱く語っていきます!!

そもそもTik tokってなに?

Tik tokは可愛い女の子とイケメンの男子たちのみが使うことを許されたアプリです。
(全然そんなことない、誰でも利用可能です)

 

15秒程度の動画のバックにBGMが流れてそれに合わせて決まった動きや口パクをするという動画を気軽に撮れるアプリ
今最もバイブスが上がっているアプリです。なぜこんなに人気が出たんだ?って思っていろいろ考えたんですよ。

 

その結果は
可愛い女の子が何か可愛いことをする=最強のコンテンツ

 

だから人気が出たという結論に至りました。以上です。記事を最後までお読みいただきありがとうございました!

違う。そうじゃない。ということで真面目に分析してみました。

Tik tokのここが日本人にハマった!

こういった動画アプリって昔にVineなどが人気があったと思いますが今ではサービス終了。
ではなぜVineがダメでTik tokがこんなに受けたのか?を考察してみました!

 

日本人はシャイでおとなしいという点なんですが、確かに一人だと何か自発的に
発信するのって恥ずかしくてなかなかしないと思うんです。

 

でも自分のどこかで誰かに認められたい!注目されたい!って自己顕示欲・承認欲求があると思うんですよ。
最近の子は特にそういう傾向なのかなって。そして集団心理でみんなでやれば怖くないという心理があると思います。

 

それがtiktokにガッチリハマっちゃったってわけだと思うんですよ!

Tik tokは投稿のハードルが低い・集団で動画が取れる

▲実際に撮ってみました笑▲

 

Tik tokは先ほども少し説明しましたが

 

・BGMに合わせてあらかじめやることが決まっている!
・動画の速度を変えて曲に動きを合わせられる!
・いろんなエフェクトがあって動画のクオリティーを簡単にアップ!

・集団で撮れる内容のものが多い!

 

という点が強みです。なので一人じゃ恥ずかしいけど気軽に友達とみんなでおふざけ半分で
動画が撮れちゃうという仕組みなんですよね!簡単に高クオリティーにできるのもミソ!

 

その動画がみんなにハマれば「いいね」と「コメント」がたくさんくる!それで自分の承認欲求は満たされ
より認められたいと動画を投稿していかれてコンテンツがどんどんたまる!という最強の仕組み!

 

Vineはもちろん流行する動画の内容はありますが、それを真似すると「パクリ」だと思われる風潮で
みんなオリジナルのネタを投稿しなきゃいけないという印象があります。あくまでも個人の見解ですが。

 

そこをTik tokはむしろみんな同じテーマでいかに面白く見せるかということができるので
ハードルが低いところがVineにはなかった部分かなと思いましたね!

 

Tik tokは最近はやりの自分の顔を盛ってくれる機能あり!

自分。顔に自信ないし叩かれそうで怖いです。って思いますよね!?でもTik tokなら安心!
動画の撮影機能の一つに顔を自然にかわいく・かっこよく補正してくれる機能があるんです!

 

・美肌効果(顔周辺をぼかして白とびさせる機能)
・目を大きくしてくれる機能
・顎をシュッとさせる機能

 

この三つがあります。どんくらい変わるのか実際に本人がやってみました。
イケメンになりすぎていろんな意味でファンメールが来ないか心配ですが写真を載せたいと思います。

 

(雑誌モデルのお問い合わせ待ってます。)

う〜〜〜〜ん。正直にいうとブサイクは頑張ってもちょっとよくなったブサイクですね笑笑。
でも美肌効果は本当にすごいと感じました!

 

これで青髭だってある程度隠れちゃう!人間清潔感があればある程度は大丈夫!

 

(期待していたとおりに盛れておらずすいません。。。)

最後に!どうしてこんなに周知された!?

今回Tik tokの紹介をしてたわけですが、ここまで人気が出るアプリもなかなかすごいですよね!
やはりアプリの内容がハマったということもあります。

 

それにプラスしてアプリの宣伝の仕方もすごくよかったんじゃないかなと思いますね!

 

youtube広告などでガンガン流してみんなご存知「うざい広告」として名を知らしめたこと、
もうこの広告やめて〜〜〜!って声もめっちゃありましたね。

 

ですが「嫌よ嫌よも好きのうち」のような言葉があるようにアプリのサービスを
知らしめちゃえばもうそれはどんな形であれ企業の勝ちなのです。

 

間違っても「あの広告うざくない??」って友達に話してはいけません。それも企業の狙いです。

 

今後もこういった動画を使ったコンテンツは流行りそうですね!
僕も早くこんなサービスを作って億万長者になりたいです(切実)

 

以上がブログの内容となります!長文となりましたがブログを読んでいただきありがとうございました〜!!

ブログを見る